糖尿病は計画的な治療、定期検査により、合併症の予防・治療だけでなく、糖尿病の改善治療も見込めます。


初診時

Step.1
問診、診察、血圧測定

     ↓

Step.2
検査

●糖尿病検査(HbA1c、血糖測定) ●眼底検査(眼底カメラによる)
●検尿(尿糖・ケトン体・蛋白・潜血) ●定量知覚計による振動覚検査
●深部反射など神経学的検査 ●動脈硬化の評価 ●心機能評価 
●採血による血中コレステロール・中性脂肪・肝機能・腎機能の評価

     ↓

Step.3
治療計画の作成・糖尿病手帳の作成

●減量計画の作成 ●体重の測定 ●食事日記の作成


医師及び管理栄養士による
音楽療法士による
医師による
食事指導
運動・音楽療法
糖尿病・合併症
の評価・治療

再診時

●診察、HbA1c、血糖測定、検尿、採血による血中コレステロール・中性脂肪・肝機能・腎機能の評価
●定量知覚計による振動覚検査 深部反射など神経学的検査 ●治療経過の評価
●糖尿病手帳の記入 ●眼底検査(半年に一度定期的に行う) ●動脈硬化の評価
●頸動脈内膜厚、心機能評価 ●食事指導(栄養管理士による)、栄養評価

このような治療の流れにより、医学的管理のもとで管理栄養士を含めたチーム医療と定期的な合併症の検査を行うため、血糖のコントロールだけでなく、合併症の早期発見と早期治療が可能です。患者さんが安心して糖尿病の治療と血糖コントロール、合併症の予防と治療が出来るシステムです。

眼底カメラ写真
治療室
CT装置
治療室
 

Copyright(C) 2003 Fukagawanaika-clinic. All Rights Reserved.